2012年6月 5日 (火)

6月のハートフルセッション

201206051030000

漫画日記ですが、今日は写真です。

私がイラストを担当した新しい本ができましたsign03

「子どもと自分がよくわかる本」菅原裕子著 二見書房

子どものこと、自分のことがわかれば、子育てがぐっと楽になること、うけあいですnote 良かったら、手にとってみてくださいね。

全然関係ないけど、本の上の洗濯バサミは長男がよみうりランドのUFOキャッチャーでゲットしてくれたものです。


さて、6月のハートフルセッションのご案内です。
ハートフルセッションは、子育て井戸端会議の場です。
いろんな人の子育ての視点がキャッチでき、自分なりの子育てのヒントが見つかります。

参加ご希望の方は、下記からどうぞnote
お待ちしております。

heart015月のハートフルセッションheart01

【テーマ】第1回 親の役割

【日 時】26日(火) 10001200

 【場 所】世田谷区 下北沢区民集会所 3階 第2会議室

 http://chizuz.com/map/map12273.html
(小田急線・井の頭線「下北沢駅」西口徒歩1分) 

※保育はありませんが、お子さま同室でご参加いただけます。
お子様連れの場合は、人数と年齢をお書き添えください。

【お申し込み・詳細】NPO法人ハートフルコミュニケーションHP  http://www.heartful-com.org/html/02_08_03.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

5月のハートフルセッション

Photo

長男君のやる気スイッチがONになった一コマ。

フィギュアで長男君仕様のウルトラバトルスタイルを、
テーブル上に展開してましたcoldsweats01

自分のツボにはまると時間を忘れて熱中。
夜11時ってどうよ! って思うけれど、私も覚えがあるからなあgawk

さて、5月のハートフルセッションのご案内です。
ハートフルセッションは、子育て井戸端会議の場です。
いろんな人の子育ての視点がキャッチでき、自分なりの子育てのヒントが見つかります。

参加ご希望の方は、下記からどうぞnote
お待ちしております。

heart015月のハートフルセッションheart01

【テーマ】第6回 親の幸せ

【日 時】529日(火) 10001200

 【場 所】北沢タウンホール11階 らぷらす研修室
 http://kitazawatownhall.jp/map.html
(小田急線・井の頭線「下北沢駅」南口徒歩5分) 

※保育はありませんが、お子さま同室でご参加いただけます。
お子様連れの場合は、人数と年齢をお書き添えください。

【お申し込み・詳細】NPO法人ハートフルコミュニケーションHP  http://www.heartful-com.org/html/02_08_03.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

いつの間に

ご無沙汰しております。
本日は、久しぶりの更新です。

さて、うちのやんちゃ坊主の次男くん3歳は、
日々そのやんちゃ度をアップさせておりまして
ちょっと目を離した隙に

1

と、後先みずに飛び出し

2

母、靴をはく間もなく、追いかけて止める!! 
なんてことは、日常茶飯事。

3

いやがうえにも「ダメ!」とか「飛び出さないっ!」という、禁止語・命令語が増える毎日なんですね。
命の危険があるんだから、これはOKと自分に許可をだしていたんだけど、慣れというのはこわいもの。
この間、3歳児用のドリルをやっていたときに

4

即刻、却下。

だってね。
まっすぐに切れるようになったのだって最近なんですよ。
そんなすぐに、丸く切るなんてまだできるわけないじゃないですか。

で、「まだ君には難しいから、まっすぐに切るっていうページをやろうよ」と言ったんですが、次男くん、がんとして丸く切るページがやりたいとききません。

仕方なくやらせてみたら、

5

あらま!? そうなのおーー??

できるんだあーーー。。。

私ときたら気づかないうちに

6

「できてないところを見る」メガネをかけてました。

あ、危ない危ない・・・。
禁止後命令語が日常となっていると、気持ちにも影響して「まだ、わからない」「まだ、できない」と思い込んでしまうってことを、身を持って体感した出来事でした。

でも、そのあと

7

くううう。
そこは「まだわからない」ってことなのねっ(泣)
見極め、難しいです・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

気質の違い

今日は気質の話です。

よく、「うちは上はおとなしいけど、下はやんちゃで」なんて、兄弟でも全然タイプが違うって話を聞きますよね。
うちもご多聞にもれずそうでして

1

同じ兄弟でも、似ても似つかないんです。

わかりやすい例でいうと


2

超怖がりの長男くんに対し、超怖いもの知らずの弟くん。

食べものの好みも、全く違い


3

こう見ると、長男くんはか弱く優しい素直な性格のように思えるかもしれないけれど、
実際の長男くんはというと


4

万年「反抗期」なんですよねー。
絶対、こちらの提案は受け入れないの。
「白」と提案すると必ず「黒」を選択する、みたいな。
相手の意見を素直に聞いたら負け、みたいに思っている節があるんですよねぇ。

で、次男くんはというと、2回くらい「こうでしょ」というと

5

「ヤダヤダ期」の2歳児にしてこのモノワカリの良さ。
2歳児の長男くんのヤダヤダ期なんて、そりゃ嵐のようだったけど、
それで手こずった経験があるせいか、次男くんのヤダヤダ期なんてかわいいもの。

同じように対応しているつもりですが、気質の違いでかくも反応が異なるとは。

いやはや、興味深いことでございます。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

生活力

夏休み、皆様いかがおすごしでしたか?

私は怒濤のお仕事ラッシュでお休みどころではありませんでした。
だもんで、家事のあれこれもちゃんとできるはずもなく、家の中はアナーキーな状態にcoldsweats01。掃除ができないのはいいとして(いいのか!?)、夏休みで家にいる長男君のお昼ご飯もままならないという事態に発展。
これはさすがにまずいっ。なんとかせねばsign03

てなことで、いいことを思いつきましたflair
何かと言いますと

長男君に家事を担ってもらうことにしたのです!!
アルバイトでねmoneybag
ベイブレード(ベイゴマの進化版)にはまっている長男君、ほしいコマをゲットすべくアルバイトに燃える、燃えるimpact
掃除、買い物、次男君の世話。
お昼ご飯もお願いしてみたら、ちゃっちゃと作れるようになりました。

Photo

もともと、お手伝いが大好きな長男君。10円、20円の報酬でも嬉々として家事を担ってくれました。

そんなわけで、今年の夏休みは長男君の生活力が俄然アップ!!
将来はさぞ自立した夫になることでしょう。

本人のやる気に火がつくと、いろんなことができるようになるんですね。
びっくりです。

このやる気が勉強に対しても起こってくれたいいのになぁhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

下北沢セッション

こんにちは。
あいも変わらずのんびりと更新中でございます。

さて、以前このブログでもご紹介した「ハートフルセッション」。
ゆみゆみさんのセッションに参加して以来、すごくいいことが起こっています。
それは、

Photo

そう。
不穏な未来予想図を妄想することがなくなりましたsign03

なんかね。子どものことで、
「うわー、このままだと、将来こんなひどいことになっちゃうのではないか」
とか
「きっとあんな悪いことが起こるに決まっている」
なんていう、不穏な妄想がとめられなかったのですが、
今では、「大丈夫、大丈夫」
なんて気持ちが保てています。

子どもを信頼する気持ち、自分を信頼する気持ちがキープできている感覚というのでしょうか。
くじけそうになったら、ハートフルセッションに参加すればきっと大丈夫、という気持ちになっているのも、明るく過ごせている要因かもheart04

ということで、ハートフルセッションのご案内です。

2_2
私と同じハートフルコーチの玉ちゃんと二人で、下北沢で開催してます。
よかったら、ご参加くださいねnote

今回の進行役は玉ちゃんこと、小林玉枝さんです。
ほんわかしたセッションで、子育ての今を振り返ることができますよ。

詳しいご案内はこちらです ↓


7月の「ハートフルセッション」のご案内です。

夏休みが始まる前に、お子さんとのコミュニケーションを見つめる時間を
過ごしてみませんか?
慌ただしい日々の中の、ほんの少しの知恵が何か新しい変化を起こす
きっかけになるかもしれません。

テーマは子どもを幸せにするしつけです。

皆さんはどんなふうにしつけを行っていますか?
しつけについて色々な角度から皆で考えていく時間を
作り上げていきたいと思っています。

** テーマ:子どもを幸せにするしつけ~ ** 

日時:7月15日(金) 10時~12時

場所:下北沢タウンホール11階 らぷらす研修室4
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00005031.html

参加費1000円

申し込み・問い合わせ先 小林玉枝
tama-ko@sd6.so-net.ne.jp






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

頼りない親になる

こんにちは。
今日も、前回のハートフルセッションでの話題です。

前回のハートフルセッションでは、
「どうしたら手出し口出しせずに、子どもに任せられるか」
について、色々と話し合いました。

で、その場にでたひとつの提案は、

「頼りない親になる」こと。

親が頼りないと、子どもってしっかりするんだよね、という話がでたんです。

ほうほう、なるほど。
じゃあ、しばし「頼りない親」になってみるか。

なーんで思っていた矢先に

1

全治一ヶ月の怪我をして、「頼りない親」にならざるを得ない状況になりましたcrying
とほほ・・・。

「頼りない」という度合いは半端じゃありませんで
自分のことはもちろん家事育児がまったく回らないし
ちょー手のかかる2歳の次男君のお世話もできゃしないわけです。

さあて、困った。

ところがです!!
なんと思いもよらぬ助っ人が登場っ
sign01
それは誰かといいますと

2

小4のちょーなん君っ。


もうね。
夜は次男君を風呂にいれてくれるわ、朝は起きた次男君を抱っこして階下に運んでくれるわ、ほんとにお役に立つったらありゃしないっshine

チョーナン君、ポイント、高いわよっ。


次男君はといえば、ハハが怪我をしたということはわかってはいるけど、
そんなこたあお構いなしで
すね、ええ、2歳児は。

3

せかす、せかすcoldsweats01
今までは次男くんに「早く、早く」といってたのに、今では
すっかり立場は逆転。

もたもたしているハハに業をにやしてか、外に遊びに行きたい一心でか

4

自分で靴がはけるようになってるし。

ちょーなん君にしろ、次男君にしろ、あらま、こんなにできたのねって感じ。
ほんと、親の手出し口出しって、必要ないんだなあ。

「頼りない親になる」効果を実感している日々でございます。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

ありのままの子どもを認める

またも、ご無沙汰です。
すっかり初夏ですね。緑の濃い香りに思わず深呼吸したくなる季節到来です。

さて、今日は久々に気分爽快な出来事があったのでご報告をばhappy01

「子どもの心のコーチング」PHP刊には、
「ありのままの子どもを認めましょう」とあるんだけど
そうは言っても

1

こんな姿を目の当たりにすると

2

なんて、モヤモヤ、ザワザワしちゃうんだよね。
でも、もちろん長男くんを前に、そんなことは口に出して言ったりはしません。
そんなことをしたら、「あるがままの彼」を否定することになるもんね。

で、どうなるかというと

3

自分を責めてもなんら解決にならないのも知っているので、
こうなってくると、もやもやざわざわ地獄に陥るわけで。

なんて思いをここ数ヶ月ためこんでいたのだけど、
この間、あるお方のハートフルセッションに参加したら、
一気に解決しちゃったのですsign03

そのお方とはっ。

4

平松容見子さん
shine

フレンドリーでとっても細やかな心遣いが魅力の女性なの。

ユミユミさんの開くハートフルセッションで、自分の悩みをぶつけてみたら

5

6


もう、頼もしいのなんの。

セッションは私のモヤモヤを肴に進行。
その場にいらした参加者の皆さんにモヤモヤザワザワする心のうちを話を聞いてもらい、あれこれ話すうちに

7

ということに、気づかされました。

私にとっては、目からうろこの気づきっ。

「子どものありのままを認める」前に、
「自分のありのままを認める」


そうしたら、長男くんのことも

8

と、受け入れられる気持ちになりました。

自責系の私にドンピシャな子育てのヒントをゲットsign03

ユミユミさん、そして親身になって励まし応援してくださった参加者の皆様。

ほんとにありがとうございました。

とっても大きな一歩が踏み出せそうな予感heart01

近頃、分爽快ですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

本が出版されまた!

都内もすっかり春めいてまいりました。
皆さま、いかがおすごしですか。

大震災の日から3週間がすぎ、だんだんと前を向いて一歩一歩進んでいこう!という空気を感じ、私も元気出してやっていかなくちゃ!という気分になってきています。

我が家の状況はといえば

Hcbook1

地震以来、私にどこまでもくっついてくる次男君。
洗濯物ものんびり干せません。

さらに

Hcbook2

普通に入っていたお風呂が入れなくなりました。
湯船の水がこわい、シャワーがこわい、とかなり敏感になっております。

じょじょに安心してもらうしかないのですが、ひとつ安心度の高まる方法がありました。
それは、声かけ。

「ママ、ちょっと洗濯物干してきていいかなあ」
「シャワーだすよ~」

と事前説明をするんです。
すると、2歳児なりに理解してくれるらしく
「あかった(わかった)」
と、頷いて納得してくれます。
わかったといいながら、ぎょえええと泣くことも多々ありますが、
わかってくれる回数が多くなってきました。

声かけのヒントをくださったのは、前回ハートフルセッションでご一緒したやはり2歳のお子さんをもつお母さんでした。その方は、とっても声かけが上手な女性で、お子さんとのやりとりが素敵だったので、私も真似してみた次第です。
ハートフルセッション、いろんなシーンで役に立つなあ。

あ、そうそう!!
ご報告です。

Hcbook3

よろしくお願いします♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

「どーせ無理!」を吹き飛ばせ

超久々の更新です。
「ハートフルコーチの子育て往復便」としてスタートしたブログですが、本日より装いもあらたに、「ハートフルコーチの子育てマンガ日記」としてスタートします。
どうぞよろしくお願いします。

では、早速、我が家の近況をば。


1

が、口癖の長男クン。


2

と、まあ、ぶちきれるわけです、母としてcoldsweats01

石橋をたたいて渡る のならまだいいんですが、
石橋をたたいても 渡らないsign03annoy

というのは、頭にくるわけでpout

どーしたもんか、と思っていたときに、出会ったのがこの方。


3

なにがスゴイかって、


世の中から「どーせ無理」をなくそうと働きかけている方なんですね。

ご自身の社業で宇宙開発ビジネスを手がけているのは、
「宇宙は簡単にいけそうにないけれど、“そんなことないよ!” といって、実現できれば、
あきらめない人が一人でも増えるのではないか、と思っているからだそう。

そんな信念をもって生きているスゴイ人なんです。

で、もっとスゴイのは、
全国で「ロケット体験教室」を実施して、

「あきらめずに失敗を恐れずにトライすれば、自分の力で自分の夢に近づける」


という体験を、子どもたちに伝えて続けていること。

大人の私だって、「これは、どーせ無理」と思うことが多いけれど、
植松さんの講演を聴いてからは、


「どうすればできるか、考えてみよう」
flair

と自分に呪文のように問いかけるようになりました。

ムスコにもそんな気持ちになってほしくて、
近々開催されるロケット教室に親子で参加します。

子どものあきらめない力、親の見守る力を見つけたい方、子どもの、また自分自身の「どーせ無理」という気持ちを吹き飛ばしたい方に、おすすめの親子体験教室です。


4


詳しくはこちら↓


「親子ロケット体験教室」のご案内
講師:植松努さん(「NASAより宇宙に近い町工場」著者)
日時:3月5日(土) 13:00~16:30
場所:横浜みなとみらいスポーツパーク

http://www.yspc.or.jp/mmsp_ysa/index.html

参加対象:小学3年生以上とその親
参加費:大人1,000円、子ども800円、ロケット代4,200円
定員:50組
植松さんは、過疎の町の小さな会社で宇宙開発を実現させてきました。
その過程でぶつかった「どうせ無理」という声を、どう跳ね返してきたか?
子どもたちは講話とロケット製作・打ち上げを通して学びます。
親たちはその様子を見守ってください。様々な発見があることでしょう。

植松さんについての詳細は

ウェブマガジン カムイミンタラ

http://kamuimintara.net/detail.php?rskey=137200709t01

 

【お問い合わせ】
NPO法人ハートフルコミュニケーション 親子ロケット体験教室企画チームheartfulcommunication.shonan@gmail.com



| | コメント (0) | トラックバック (0)